体験レッスン(2017年第1回)報告

投稿日:2017年3月2日

未来塾は2月18日土曜日、第1回目の体験レッスンを行い、8名の方が参加されました。毎回体験レッスンでは、参加者の受講目的を確認してレッスンをはじめます。参加者のニーズに当塾のレッスンが応えられるか、確認するためです。

今回の体験レッスンには、仕事で英語を使ってらして、「英語の聞き取りが出来ない」「発音がうまく出来ない」という問題意識を持っていたところ、中津燎子の著書を読み、今回の体験に参加を決めたと言う方が、数人いらっしゃいました。すべて40代から50代の会社員の方達です。

これまでもこのようなご自分の英語に対する問題意識をもって、体験レッスンに参加された方は、いらっしゃいました。しかし今回は切実さが違うのではないかと感じました。体験レッスンに取り組む姿勢を拝見して、また男性お二人が、ご自分の英語を録音してどこに問題があるのか、ご自分でチェックなさっていることを話されたことから、より問題が切実なのだと感じました。

背景には経済状況を含めた世界情勢の変化があるのではないかと思いました。私は日頃輸入事務の仕事をしています。アメリカの政権交代で、昨年の終わりから、為替レートの急激な変化がおこり、これからどうなるのか不安を感じながら仕事をしています。外国人と英語でお仕事をしている方達が、先行きが不透明にもかかわらず即決を迫られることが多くなっている状況があると思います。そんな状況で“相手の話している英語が聞き取れない”、“自分が話すときにどのように発音するのか、分からなくて英語が伝わらない、通じない”ということは、早急に解決したい問題ではないかと思ったのです。

体験レッスンでは、オリエンテーションの後、アルファベット、単語そしてスピーチの文章の音作りの一部を体験していただきました。音作りのポイントは、ご自分の息、声、口形、舌をコントロールして自分で英語の音を作るということです。そして最後に参加された方全員にレッスンを受けた感想をうかがいました。ある方が「自分の英語の音に発見があった、欧米人の英語の音を真似るのではなく、自分で英語の音をつくるという未来塾の発音訓練のコンセプトはとても面白い」と言ってらっしゃいました。

3時間足らずの体験レッスンでしたが、ほとんどの参加者が問題解決につながる手がかりを見い出されたようで私は思わず、ホッとしました。同時に中津燎子が生前、発音訓練の目的が異文化対応しながら生き残る、つまり地球上でのSURVIVALであると言っていたことを思い出し、この訓練をより多くのビジネスパーソンに受けて頂けたらと願いました。

<オサリン>

再訓練へようこそ!

投稿日:2016年9月1日

ここ5、6年でしょうか、わたくしは受講生の方々に一つの変化を感じます。それは、かつてあれほどまでに厳しく怖いイメージが強かった中津式訓練を「楽しむ」雰囲気が感じられることです。殆ど褒めず、ダメ出しが圧倒的に多いレッスン。だから以前は、初級と中級合わせて約10か月のコースが終わると、再訓練を受けるなどまっぴらというのが普通だった気がします。ところが最近では、復習を希望される既受講生が珍しくなくなりました。

この10年強、当塾で活動しているトレーナー5人の面々は変わりません。確実に平均年齢は10歳アップしました。その結果、全体的な「老化」現象が起き、レッスン時の姿勢が昔ほど厳しくなくなり、むしろ受講生に対し「優しい」態度で接するようになったかもしれません。確かに、レッスン中に出すコメントにしても、良かった点をまず褒めて、次に改善すべき点を指摘するといったスタイルが今では主流です。

何はともあれ、既受講生が再訓練を望んで時折戻って来てくれるのは、トレーナーにとってとても嬉しいことです。初級に始まり、中級の自作文で仕上げるのが訓練の定番ですが、本来はその先があるはずです。それは、何らかの形で訓練成果を実生活に生かすという、いわば実践編・応用編です。仕事とは限りません。海外旅行をもっと楽しむといった生かし方もあるでしょう。また、研究者の方が例えば国際的な学会などで、ご自分の研究分野について英語で口頭発表されるような時、当塾で体得した音声表現力は間違いなく役立ちます。

わたくしたちトレーナーにとって、既受講生お一人お一人がご自分の課題を抱えながら塾に舞い戻り、更に上を目指してコミュニケーション力に磨きをかける時、きめ細かいお手伝いがもしできれば、それに勝る喜びはありません。正に初級段階、中級段階に続く上級段階のレッスンと言えましょう。

  <ナガちゃん>

一生もの

投稿日:2016年8月1日

ひたすらネイティブの発音を教本として真似するのではなく、唇や舌といった自らの器官を鍛えてカタカナ音ではない、英語が本来持つ切れ味を備えた音を身に着ける、それが未来塾の手法です。一旦その音作りの基礎ができれば、その技法は、貴方にとって一生の宝物になることでしょう。

英検やTOEICを受験される方が多数いて、英語ができないと就職にも不利といった認識が広く存在するわりには、英語に対する日本人の音感は鈍いと思うのは、わたくしだけでしょうか。年々鈍さが増しているようにすら感じるのです。最近では、特にテレビのコマーシャルなどを見てそのように感じます。例えば、“Be a driver”。この音声がわたくしには気の抜けたビールのように聞こえます。このようなテレビコマーシャルを通じて、日本人の英語耳の感度が更に鈍っていくのではと心配です。

英語は日本人にとって所詮は外国語、カタカナ音で何が悪い、といった声もあるでしょう。また、英語は国際語、訛りを含めていろんな発音があって当たり前とも言えましょう。ただ確かに顔を突き合わせて一対一で会話するような場合は、カタカナ音でも意思疎通は可能でしょう。手振り身振りを含めて、確認の手段がありますので。ところが、多数の人を前に自分の考えを述べる場合、また外交官が国連のような場で、一国の主張を代表して述べるような時、やはり訛りのない明快な音声でスピーチできることが望ましいと考えます。

未来塾の創始者、中津燎子は幸いそのようなニーズに対するメソッドを残してくれました。彼女の一生の異文化対応実績を基に。究極的な目的は、やはり日本人の21世紀国際社会での生き残りだと思います。中津は5年前に他界し、今日のISによるようなテロの混乱などは知りませんが、自らが残した異文化対応訓練メソッドが広く活用されて、何とか世の中自体が良い方向に進むように、あの世から願っていることは間違いありません。

<ナガちゃん>

初めて取り組む「音声表現」~発表に向けて~

投稿日:2016年5月20日

4月2日に開講した今年度の未来塾初級コースも早いもので、5月14日のレッスンで日程の半分を終了しました。受講生のみなさんは、アルファベット、単語の音作りを経て、音声表現に取り組まれています。

未来塾では、初級・中級を通じて4つの「音声表現」に取り組みます。その最初が今回の「詩」です。これは、予めテキストに用意された16編の詩の中から、受講生が共感できるものを選んで発表するものです。ボブ・ディランの「Blowing in the wind」やカーペンターズの「Sing」など、ほとんどの詩は、多くの方が聞いたことのあるポピュラーソングの歌詞ですが、歌の真似をしたりするのではなく、初回のレッスンからこれまでつくってきた英語の音で、受講生自身が共感するところを、聞き手に伝えるのです。

ただ音をつくるだけでなく、表現するからには「語感」を込める必要があります。happyとsadが同じように聞こえてはいけません。「音声表現」自体がほとんどの日本人にとって、あまり経験がない上に、人前に立って発表することも苦手な人も多くいます。そのような状況では、約1か月半かけてつくってきた英語音も、訓練前の音に戻りがちになります。それでも、一つ一つクリアな音をつくる練習をし、「語感」を込めて聞き手を意識した発表を目指すことを通じて、徐々に精神面や音つくりの面で自分自身をコントロールすることを学んでいきます。

私の経験から言えることですが、1回目の「音声表現」では、それまで訓練でつくってきた音を詩の中でも保持することの大変さや、発表のときの緊張ばかりで表現を楽しむなどという余裕はありませんが、この後、音声表現I (Dictator)、II(I have a dream)、III(自作文)と進むにつれ、よりクリアな音つくりや表現を工夫する中で、音声表現も少しずつ楽しめるようになったりもします。また、トレーナーになって驚くのは、練習時には克服すべき課題が多く、どうなることかと心配している方が発表時には、びっくりするような素晴らしい発表をされることもしばしばあることです。

今回のトレーニー(受講生)のみなさんも、初めての音声表現で発表までいろいろ苦労をされていると思いますが、次回のレッスンでみなさんの努力の成果である発表をお聞きするのを、私たちトレーナーも楽しみにしています。

<イノモン>

真似では作れない!「音の戸籍」

投稿日:2016年4月4日

みなさんは、英語の発音を習得するのに、どのような方法を使っていますか?習得した英語の音で自信を持って、伝えたいことを相手に届けることはできますか?

英語の発音習得に関し、おそらく多くの方は、ネイティブスピーカ―やCD等の音声教材の発音を聞いて真似をする、という方法を取られるのではないでしょうか?けれども、いつでもお手本があるわけではありません。「真似をする」という方法で、自分の言葉で英語を話すときに、拠り所となる音を獲得することは難しいように思います。未来塾の発音訓練では、「音をつくる」というアプローチをとります。具体的には、アルファベットそれぞれの表す音を、その音として相手に通じるクリアな音を作っていきます。そして、どのような状況下でも、きちんとその音として届く音がつくれたときに、「音の戸籍」ができた、と言います。

これは、中津先生の造語です。先生は言葉に対して独特の感性を持っておられて、他にも「単語ころがし」などユニークな言葉をいくつか造られましたが、そのうちの一つです。「戸籍」ができた英語の発音は、外的内的様々な状況において、きちんと相手に届く音です。パーティーなどでの会話で周りに雑音があることもあるでしょう。大勢の人の前でのスピーチで緊張を強いられることもあるでしょう。そのような様々な不利な状況においても、自分の音に戸籍があれば、確実に届けることができます。

この「音の戸籍」を獲得するには、口形・息・声を整えて増幅法で、英語として通じる十分な強さの音を作っていきます。これは、言葉で言うほど簡単ではなく、口の周りの筋肉を鍛え、日本語を発音する時とは異なる息の出し方を習得し、声と息を効率よくつかわなければならず、しかもそれぞれの訓練は、スポーツ選手のトレーニングのごとく本番で100%の能力を発揮できるよう、通常の少なくとも2倍の強さで行うのです。

決して楽に習得できるもの、とは言えません。けれども、練習すれば、誰にでも確実に習得できるものです。これを獲得すれば、英語を話すときに、発音に関して拠り所を得たようなものです。そういう意味で、「音の戸籍」というのは正に言いえて妙、と言わざるを得ません。

<イノモン>